SOUPS2015論文読破会にて発表しました!

投稿者 netmng 日時 2015年10月30日

2015年10月29日、SECOM本社セコムホールでSOUPS2015論文読破会が行われ、金岡研より3件の発表がありました。

発表者と担当した論文は以下の通りです。(敬称略)

金岡 晃 
“I’m Stuck!”: A Contextual Inquiry of People with Visual Impairmentsin Authentication 」の紹介

大庭 怜於奈
Usability of Augmented Reality for Revealing Secret Messages to Users but Not Their Devices」の紹介

緑川 達也
Leading Johnny to Water: Designing for Usability and Trust」の紹介 

 

以下、勉強会の参加した金岡研究室の学生の感想です。(敬称略)

M2 大庭 怜於奈
「SOUPS2015論文読破会は今回が初めての参加でしたが、とても有意義な時間を過ごすことができました。特に早稲田大学の森先生や渡邉さんからは実際にSOUPSで発表した内容をご講演頂き、とても刺激になりました。今後もこういった活動には積極的に参加したいと思います。」

B4 緑川 達也
「今回のSOUPS2015論文読破会では、日本国内で初めて論文が採録された早稲田大学の森先生と渡邉さんから、SOUPS採録までの道のりなどの貴重なお話しを聞くことができました。私は、対外発表がはじめてだったので緊張しましたが貴重な体験をさせて頂きました。また、学部4年生の発表者が多いことに驚きました。論文読破会に参加したことで、今年のSOUPSの全論文の概要を知ることができとても有意義な時間となりました。来年もまた参加したいです。」

IMGP3492.JPG